リモート打ち合わせ実施中

本当に住みやすい、自分らしい家を作ろう-茅ヶ崎市・N様邸-

目次

プランニングポイント

暮らしやすい動線となだらかにつながったLDK、ゲストルーム、ウッドデッキの位置関係を熟考してプランニングをいたしました。

タイトル「自分らしい家を作ろう」は、お引き渡し時に施主様が「一生懸命に考えた自分の家」とおっしゃったところから付けさせていただきました。世の中にたくさん家はありますが、どの家よりも住みやすいのは、自分たちの暮らしに合った家です。これから弊社で家づくりをご検討される方に向けて、N様邸の暮らしやすい間取りをご紹介いたします。

1階は回遊できる間取り

ぐるっと回遊できる動線計画で暮らしやすい

)買い物から帰ってきたら、最近ではまず手洗いですよね。玄関から洗面脱衣室に抜けられるようになっています。
次に手を洗って玄関に戻ったら、玄関に置いておいた買い物袋を、パントリーを通り抜けながら(パントリーにストック品を置きながら)、キッチンに向かいます。キッチンに抜けると、右手の冷蔵庫にすぐにしまうことができます。

ゲストルームも玄関からすぐに向かうことができます。トイレにも近いので、ゲストの方も気兼ねなくご利用できますね。
余談)和モダンのゲストルームは、施主様ご夫婦ともにお気に入りの場所に。襖は光沢のある白クロスを貼ることで、若々しく爽やかな印象の和室に。レールのないハイドアで、リビングともさりげなくつながるお部屋になりました。またハイドアを閉めると、ハイドアなので壁と一体感が生まれます。個人的には、引き渡し時に伺った際に嗅いだイ草の新しい香りがとても心地よく、日本人の郷愁を誘うスペースだと感じました。

)お子さんがおられるなら、玄関からシューズインクローゼットに外で遊んだおもちゃや部活で使うものを置いて、洗面脱衣室からお風呂場で汗を流すという動線も考えられます。洗面脱衣室の横には、ランドリールームがあり、着替えも置いておくことができるので、わざわざ自分の部屋に下着などを取りに行く手間がかかりません。

)キッチンでお料理をしながら、横並びのランドリールームで洗濯干しもできます。天窓のあるランドリールームは、光が入りとても明るく、物干し金具も取り付けていますので雨の日に室内干しができます。濡れて重くなったものを干す作業は意外と重労働なので、この部屋で完結できたり、短い動線で済むということは、毎日のことですからとても楽でいいですね。

セカンドリビングとして、リビングとつながるウッドデッキも2方向で回遊できます。窓は、施主様のご希望で電動シャッター仕様にしてあります。毎朝のことを考えると、電動ですと楽になりますね。停電の際には手動で動かす仕組みがあり、とても簡単でいざというときにも安心です。

回遊で生活しやすい空間

造作棚で『見せる収納』・『隠す収納』

アクセントクロス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる