リモート打ち合わせ実施中

no.1 現在進行中のプロジェクト・U様邸 

茅ヶ崎市内某所 取り壊し前の片付け中
茅ヶ崎市内某所 取り壊し前で片付け中のところをおじゃましました

今進んでいる物件のご紹介です!

茅ヶ崎市内某所。茅ヶ崎市内でも憧れの土地ですが、大きな通りから一歩入るだけでとても閑静な住宅街となります。

こちらの土地にお住まいのU様にご依頼をいただき、既存の建物を解体して、新築の2世帯住宅を計画しています。

これまでは建ってからのご紹介でしたが、稲岡ホーム建設で家がどのようにして建っていくのか、順次進行形で記事をアップ予定でいます。どうぞお楽しみに!

とても歴史のある建物で、しつらえも昭和10年当時の最先端だったベニヤ板(*1)をとりいれていらっしゃるおうちです。

職人の技が光るものが多く、せっかくなので新居に一部ですが建具を取り入れるご提案をさせていただきました。

アンティーク建具を購入して、新築に取り入れる方もいらっしゃるようです。引き継いでいくという魅力がありますね。

少しご紹介すると…こちらは「源氏襖(げんじふすま)」(襖に明かり取り用の障子をはめ込んだもの)についていた障子になります。木が均一に裁断され丁寧な仕上げがわかります。こちらは、トイレの明り取りの障子として設置する予定です。
また、ソケット部分が陶器!でできているかわいいい木製ランプも合わせてトイレで使用予定です。

源氏襖の明り取り障子部分

ソケットの陶器がかわいいい木製ランプ
トイレの壁に埋め込まれたガラス・もれる灯りで使用中が分かる仕組み
これは、階段横のクローゼットの壁に設置予定
天井のベニヤ板 当時の職人さんの心意気が伝わるような丁寧な仕上がり

*1 U様よりお話しを伺いましたが、昭和10年代になると現在の抜型用合板の先駆けの厚合板ベニヤ板が開発されて、当時最先端のベニヤ板を使用されている天井です。きれいな仕上げが見事でした。今では安価であって当たり前ですが、ベニヤ板もこうやって開発されて使用されることで広まったのだと学ばせていただきました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる